虫歯になったら必ず歯医者に行って治してもらおう

虫歯というのは、風邪などの菌とは違って、いきなりなるものではありません。


虫歯は徐々に進行していくので、痛みが出てきている場合は、虫歯の進行もかなり進んでいることになります。

虫歯による痛みというのは、強烈なもので、我慢しようと思っていても我慢できなく悶え苦しむぐらいの痛みに襲われることもあります。
この痛みを何とかしようと思い、市販の痛み止めを買ってきて飲んだとしても痛みは治まるかもしれませんが、悪魔でも一時的な効果でしかありません。


ですので、時間が経つことによって、また痛みがぶり返してきてしまいます。また、痛みが完全に抑えられたとしても虫歯が治ったわけではないので、歯の痛みが治まったとしても虫歯の進行が進んでいることになります。



ですので、虫歯が必ず歯医者で治療しなければなりません。
歯医者が怖いという人のほとんどが、治療中に感じる痛みが怖いという人が多いと思います。

NAVERまとめの情報を要約した情報サイトです。

ですが、最近ではできるだけ患者さんに痛くないように治療しようと様々な工夫をしてくれています。麻酔をする前には、表面麻酔をしてから麻酔をしてくれたり、麻酔注射をするときもできるだけ細い針を使って痛みを軽減させてくれたりしています。

また、最近の歯医者では、歯を削らない治療も主流になってきています。
この歯を削らない治療というのは、レーザー治療のことで、レーザーで治療することによって、痛みを感じることなく歯を削らずに虫歯を治すことができる治療方法になっています。